社会保険労務士の需要

社会保険労務士の需要の現状

社会保険労務士の需要は存在するのか

要約:社会保険労務士としては顧問契約を勝ち取っていきたいところではあるが、
なかなか新規で契約してくれるところは少ない。
そこでスポットのような仕事から信頼関係を築いていくことが需要を創造していく。

 

労務に関する仕事や社会保障関連の仕事というものは、ある程度の人数までは自社でさばけるものです。
それが苦しくなってくるのは、中規模クラスの会社になってきたときです。

 

社内に専用の部署を置き、勤務社会保険労務士などを雇用していくのであれば、
自社処理が可能になってきますが、
その部署を作るだけでも常用的に賃金が発生し、
利益を圧迫する原因になってくることもあります。

 

そこで、必要な時に依頼できる顧問契約として
社会保険労務士と契約する方法が一般的です。
では、こういった仕事の需要はあるのかといえば、
いったん契約した顧問契約を破棄し、
乗り換えることは限りなく少ないといえます。

 

社内の秘密である、給与などの面を含め情報を持っているわけですから、
簡単に変更はしません。

 

だからといって、新たに開業する事務所がなくなってしまうのではないかと考えるわけですが、
そんなことはありません。
そこにあるのは、顧問契約という条項だけではなく、
信頼関係という書面などに記載されるわけではない重要なことがあるのです。

 

スポットなどできた仕事を逃さず、顧客の満足するような仕事を繰り返していると、
自然と信頼関係は増し、依頼される仕事が増えてきます。

 

その結果として、顧問契約なども勝ち取ることができるようになるのです。

 

あきらめることなく地道な行動による需要を創造する努力を欠かしては、
社会保険労務士として独立経営していくことはできないのです。

メニュー

最新記事

Copyright  社会保険労務士の需要の現状  All Rights Reserved